営業時間

月-金:9:00~18:00 
土曜・祝日(予約制)

定休日

日曜日

お問い合わせ

シェアはこちらから

リフォームのタイミング

そろそろリフォームをした方がいいのかな?
家を建てて長年経過しているけど、どのタイミングがリフォーム時期なのだろう?
と、思っている方はいませんでしょうか?

実は家も、私たちと同じく年を重ねていけばいくほど、様々な所が脆くなっていくものです。
人の身体も、脆くなった所を治して健康を保ちます。
家も同様、年を重ねる度に、住宅の修繕などをしなければ、その内全く機能しなくなってしまいます。

こちらでは修繕リフォームをご紹介したいと思います。

5年目

家は5年目の段階から、小さな部分の破損や汚れが目立つようになってきます。
瓦の割れやズレ、建具の建て付け直し、給排水管のクリーニング、外壁の掃除・亀裂直し、クロスの張替え、鉄板部や塗装塗り替えなど、たった5年しか経過しておらず、新築という感覚でいても修繕する部分は出てくるものなのです。


10年目

10年目になると、水周りの設備が故障や不調を起こし始めたりします。 給湯器の取り替えや、浴槽、便器、洗面台化粧台、シンク、水回りの床や壁、天井などの補修があります。
他にも、外壁や屋根などの外部の破損や汚れも気になってくる時期です。 瓦の塗装塗り替えをしたり、外壁やタイルなどの補修も必要となってくると思います。


15年目

15年目には、見えない所の腐食、破損が出てきます。
土台部分なので、気がつかないという場合があるので、要注意です。 最悪、床の全面的な補修をする事もあります。
その他、部分的な基礎の亀裂補修、雨どいなどの全体的な補修が必要です。


20年以降

20年以降からは、部分的ではなく、全体的な補修が必要となってくるので、この時にリフォームを検討するのも良いでしょう。
20年を過ぎて小まめに補修をするよりも、リフォームをする事で今後の長持ち効果にも期待ができると思います。

 

リフォームの目的は、補修だけではありません。
もちろん、家族が増えた事で部屋を増やすためや、ライフサイクルの変化に合わせたリフォームや、グレードを上げるためのリフォームなど、それぞれ個々の目的があるかと思います。

当社では、皆様が少しでも心地よい環境で過ごせるように、懸命なリフォームを手がけております。 皆様の、大切な住まいリフォームのお手伝いをさせていただけると嬉しい限りです。
当社は、「丁寧」をモットーに日々努めさせていただいておりますので、リフォームをご検討されている方は、是非当社へお問い合わせ下さい。